見比べて利用する

天井の照明

最近注目されているLEDランプは、従来の水銀灯よりも省エネ効果や寿命などのスペック面で凌駕しています。また、このようなスペック面ではないようなLED特徴も注目されてきていて、水銀灯と交換が進められています。それはどのような特徴であるかというと、スイッチを押すとすぐに点灯することや、様々な色を使えること、そして点灯時に放出される紫外線量が圧倒的に少なく、その紫外線に集まってくる虫などが少ないという特徴があります。なので、現在では飲食店などの商業施設などで水銀灯との交換が進められています。 しかし、夏に気温が高くなる地域では、LEDは暑さに弱いので使うことができにくくなります。水銀灯は暑さに強いのでこういう地域では水銀灯がまだ活躍する場はあります。

LEDと水銀灯では、LEDのこの熱耐性の弱さが無くならない限り、この両者の使い分けが必要になってきます。しかし、LEDの熱耐性の弱さによってLEDの照明器具の取り扱いに注意が必要になってきます。ここでは、この注意点について紹介していきます。 LEDは熱に弱いので、照明器具のほとんどを熱を逃がす器具になっています。このために水銀灯と比べて重くなってしまうのです。具体的な例で挙げると、水銀灯でいう400ワットのものと同じLEDならば、重さが4倍くらいになってしまうのです。なので、天井に取り付ける場合であるとこの重さを考慮しないで取り付けてしまうと、事故につながってしまうので注意が必要になってきます。